クレジットカード審査に通らないワケ

MENU

クレジットカード審査に通らないワケ

クレジットカードを持ちたいのに、審査に通過できないという申込者も少なくありません。
ではどのような理由で、審査に落ちているのでしょうか?
この理由を知って、次のクレジットカード申込みに生かしてしましょう。

 

属性が発行基準を満たさない

申込者属性が発行基準を満たさないときには、
審査は通過することはできません。

 

属性とは、、年収、勤続年数、居住年数、雇用形態などの
個人の情報のことです。
たとえば、契約社員で年収200万円、
勤続2ヵ月、賃貸アパートでの居住6ヵ月、携帯電話のみなど、
負の条件がそろっているのであれば、審査に通過する可能性は低いです。

 

属性が満たさないのであれば

安定性が低い、かつ返済能力が低いとみなされやすい場合には、
少し待って属性がよくなるのを待つ方が賢い選択といえます。

 

クレジットカード会社全般が定める基準をクリアしなければ、
クレジットカードア発行されません。勤続年数、居住年数、
年収は特に大事なポイントです。

 

これらは時間がたつと解決することもあるので、その時まで待ちましょう。

 

個人信用情報機関にブラックと呼ばれる事故情報がある

お金の取引に関しては、履歴情報が残ってます。そこにブラックと呼ばれる状態であれば、
審査に通らない条件のなかで、最も状況的に難しいケースになります。
ブラック=カード発行しないという基準であることが多いのです。

 

このようなケースには、個人信用情報機関に登録されているネガティブな
情報が消える時まで、待って再申込をするのがより確実です。

 

個人信用情報機関に利用履歴が無い

今まで現金主義で、クレジットカードを利用したことがないという人や、
ローンを組んだことのない人などは、信用情報に乗るものもありません。
この状態は、過去に金融事故を起こしてしまい、データ抹消された
ブラックだった人と同じ状態となってしまうのです。

 

そのために怪しまれることもあります。
つまり会社側からすれば判断しきれない未知数の人なのです。

 

利用履歴がない場合の対処法

この場合は、クレジットカードをとりあえず作ってくれるところから始めるのがいいでしょう。
たとえば、審査が甘いといわれている会社で1枚のカードを作り利用していい履歴を
残すのであれば、自分が希望しているところでのカードを作ることができるでしょう。
このようにステップをいくつか設けることで、対処していきましょう。