クレジットカード現金化の手口とは

MENU

クレジットカード現金化の手口とは

クレジットカードのショッピング枠の現金化ということについて、耳にしたことがあるかもしれません。この現金化については十分に、注意をしておかなければなりません。ここでは現金化について詳しく調べていきます。

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは?

名前の通り、クレジットカードのショッピング枠を、
本来の目的である商品やサービスの購入ではなく、
現金と換金するためにカードを利用するということです。
多くの会社はこのような利用を認めていません。
会員規約違反として、カードの利用ができなくなる
可能性もあります。

 

またそれだけではなく、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。

 

どうしてクレジットカードのショッピング枠の現金化は危険なの?

これまで借入が困難だった多重債務者やブラックの人でも、
簡単にこのシステムを利用することで更なる借金をすることができるのです。
まさに、クレジットカードの仕組みを巧妙に利用した闇金まがいの方法なのです。

 

クレジットカード現金化の仕組みとは?

キャッシュバック方式といわれているンが、一番代表的です。
カードのショッピング枠である金額の商品を、クレジットカード現金化業者から購入します。
このような場合は、ビー玉など商品として価値のないものを購入することになります。
そののちにキャッシュバックという名目で、10万円ほどの手数料を差し引いた40万円を、
現金化して渡すというものです。

 

後日クレジットカード会社から50万円のカード利用請求が来て、それを支払うことになります。

 

どんなトラブルがあるの?

一番多いトラブルとしては、上記に挙げたようにビー玉1つを50万円で買うものの、
後日約束された40万円が振り込まれないというものです。
つまり荒手の融資詐欺のようなものです。

 

たとえ、クレジットカード現金化が正常に行われたとしても、50万円につき手数料が
10万円となります。これほどの手数料を取るというのは、普通では考えられません。
この割合を年利に換算すると、年利約235%という驚愕の数字が出てきます。
消費者金融は、年利5%〜18%程度ですので、かなりの悪徳業者であることが分かると思います。

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化の注意喚起

クレジットのシステムを利用したこの現金化については、多くのところで、注意されています。
日本クレジットカード協会でも注意されています。絶対にしないようにしましょう。