日本クレジット協会JCAAまとめ

日本クレジットカード協会の概要

日本クレジットカード協会、JCCAは、日本のクレジットカード社会に欠かせない
存在となってきています。そんな協会の概要についてまとめてみました。

 

日本クレジットカード協会発足と目的について

クレジットカードの健全な発展を目的として作られた協会です。
銀行系クレジットカード会社が集まって作りました。
発足はに昭和59年の30年前にさかのぼります。
2014年10月に創立30周年を迎えた歴史のある協会です。

 

日本クレジットカード協会の会員について

日本クレジット協会JCCA公式ページ

この30年間に日本はかなりの経済の発展を遂げてきました。

そんな経済発展と合わせるように、クレジットカードは普及していきました。
昭和59年度、JCCA会員のクレジットカード取扱高は2兆3千億円でしたが、
なんと平成25年度には40兆円を超えるまでになっています。

 

日本クレジット協会JCAAへ

 

JCCAの会員会社数は119社となり、
どんどん大きくなる日本クレジットカード社会をまとめる協会となっています。

 

日本クレジットカード協会の所在地

〒105-0004東京都港区新橋2-12-17新橋I-Nビル1階にオフィスを抱えて、
JR新橋駅より徒歩4分の距離にあります。

 

日本クレジットカード協会と利用者の関係

日本で初めてクレジットカードができてからというもの、
クレジットカードのよりよいシステムを開発、普及するために努力してきました。
そんな努力の成果があり、国内、海外で日本のクレジットカードは広く使える
安全で便利なカードとして、知られています。

 

このように日本クレジットカード協会の特徴の一つともいえるのが、
カードの利便性・安全性を高めて、クレジットカード社会の基盤を築き強固なものに
することにあります。クレジットカードを利用する際には、JCCAの努力のに便利で
健全な消費が成り立っていてそれを利用することができています。

 

日本クレジットカード協会の将来

安全、安心なクレジットカード社会の貢献を今まで以上に行うことです。
2020年に向けて、海外のクレジットカードなども気軽に利用できるように、
クレジットカード社会を整えるのが今後の課題となっています。

 

クレジットカード取引に関する利便性の向上のほかにも、
クレジットカードにまつわる個人情報についての保護・管理も今後の課題となっています。